葵の御紋

水戸黄門でもお馴染み「葵の御紋」
その紋所を目にした悪代官たちが平伏す痛快さは、日本の時代劇の定番として愛されています。

この通称「三つ葉葵」は、京都の加茂神社の神草で繋がりが深かった松平氏などの三河武士団に伝わっていったと言われています。

そして徳川家康が天下を平定すると、それは将軍家の御紋として徳川御三家のみに許された荘厳な存在となりました。