新撰組

浪士であったがために、形骸化した武士よりも武士らしく、一瞬の輝きだけを残して儚く駆け抜けていった蒼い疾風。

「新撰組」その名を聞いたことのない人はほとんどいないでしょう。
特定の主君に仕えない浪人たちから成る浪士隊で、これだけ多くの人の記憶に名を留めたものは、後にも先にもありません。

幕末、京の尊攘派を畏怖させた浅葱の羽織と「誠」の旗。
その儚さと切なさを感じて頂けたらと思います。